週1回3時間!共働きのズボラ週末家庭菜園

60㎡の畑を週1回3時間で管理。ラクしてガッチリ収穫を目指します!

マンション室内で野菜苗からレタス栽培まで!LEDライト付き育苗棚を簡単自作してみた。

 

今回は、春に必要な野菜苗を、種から室内でつくってしまおうということで、LEDライト付きの育苗棚をつくったお話です。

ちょっとお金はかかりますが、私のようにマンションで、植物栽培に不向きな方角に住んでいる場合や、真っ暗なお部屋でも苗づくりができるようになりましたので、同じ悩みをお持ちの方のご参考になれば幸いです。

 

真西で風の強いベランダでの野菜づくりは、難しいことを実感。

私はマンションに住んでいるのですが、真西向きで13階。

入居当初、ベランダで家庭菜園や野菜苗づくりに取り組んだものの、午後は日があたるのに、徒長気味でしっかり育たない・・・。

中玉トマトをつくっても、ミニトマト以下のサイズになってしまうのです・・・。

なぜかと思って調べてみたら、植物の光合成は、午前中からお昼に活発に行われるそうなので、その時間に日があたる、東から南が植物を育てるのに適しているということ。

さらに、高さのある階層で風がよく吹くため、葉肉のうすい植物は、すぐしおれてダメになってしまうこともわかりました。

思っていた以上に、西向きでそこそこ高さがあるベランダの植物栽培は難しい(>_<)

 

これがきっかけで畑を借りたのですが、いろいろ試行錯誤して、失敗を減らして効率の良い栽培をするためには、年間を通じて苗がつくれる環境が必要になってきました。

 

f:id:tomo-saien:20210321145335j:plain

 

ならば部屋の中に、育苗できる環境をつくってしまおうっ!

ということで、部屋の中に光も確保できる、LEDライト付きの育苗棚をつくりました。

つくるのは既製品を組み合わせるだけで超簡単!お金だけちょっとかかります。

基本材料は、ニトリの三段シェルフと観賞魚用のLEDライト。

今回用意した材料はこちらです。

  • ニトリ 三段シェルフ ✕1
  • ニトリ 収納ボックス浅型 ✕3
  • ニトリ 収納ボックス用レール ✕3
  • コトブキ工芸 フラットLED300 ✕3
  • 24時間コンセントタイマー ✕1
  • 電源タップ(三ツ口) ✕1
棚はニトリの三段シェルフをベースにした。

育苗システムのベースは、ニトリの三段シェルフを使っています。

お値段が3000円程度でリーズナブルな上、デザインが部屋にもなじむこと。

別売の収納ボックスやレールも販売されているので、簡単にカスタマイズできます。

 

 
現在、三段シェルフが廃番になっており、シェルフアドバンス43(画像)を代替品として使うことができます。
スチール製フレームと化粧板にグレードアップした三段シェルフで、木製でなくなったため、万が一ライトから発火するような事態があった場合も、燃えにくくて安心です。
ニトリ シェルフアドバンス43 を探す

ライトは水草栽培にも向いている観賞魚用LEDライトを使用する

f:id:tomo-saien:20210321145356j:plain

 

次に、システムの肝とも言える、LEDライト選びです。

当初、植物育成ライトを考えましたが、値段が高い上、電気代がかかりそうで、ちょっとお試しでやるにはハードルが高め。

そこで、アマゾンで売っていた安い植物育成ライトも試したのですが、成長が今一つだった上、熱を持ちやすく、安全面からもちょっと心配でした。

 

結果、電気代や安全性を踏まえ、観賞魚用のLEDライトを選ぶことにしました。

中でも、寿工芸のフラットLEDは水草の生育が良く、コスパも良いとのクチコミ。

そこで、フラットLED300というものを選びました。

 

スペックはこんな感じです。

  • 大きさ: 幅318㎜×奥行70㎜×高さ29㎜
  • 明るさ: 385ルーメン
  • 色温度: 8500K
  • 演色性: Ra87
  • 定格消費電力: 5W

光は自然光に近く、水草の光合成を促す設計もされているようです。

また、ライトの両端にリフトアップがついているので、これをレールや棚に引っ掛けて簡単に設置できるのもポイントです。

 

フラットLED300は廃盤になっており、こちらが現行品になります。

コトブキ工芸 フラットLED HL3042 を探す
≫ Amazon

コンセントタイマーで自動点灯&消灯!点灯時間は12時間で設定。

f:id:tomo-saien:20210321145325j:plain

 

あとは、24時間コンセントタイマーとライトをつなぐ電源タップです。

コンセントに組み込むことで、自動点灯と消灯を繰り返すことができます。

タイマーはだいたい1000円前後で手に入ります。

ライトの点灯時間は、とりあえず朝6時~18時の12時間で試しています。

 

▼ リーベックスの24時間タイマーが価格も手頃です。

 

15分単位で設定可能なプログラムタイマー。トラッキング防止プラグで通電ランプ付き。

リーベックス 24時間プログラムタイマー PT25 を探す

≫ 楽天市場

≫ Amazon

材料代は合計で約15000円。ランニングコストは一段1ヶ月50円程度か?

合計で15000円程度かかりました。やはりLEDライトが材料費の大部分をしめ、3本で約10000円かかってしまいました。

そのかわり育苗できる数は、一段あたり、普段使っている36穴トレイで24穴分、3段あるので、最大72穴分もの苗を室内で育てることができます。

家庭菜園で必要とする苗を確保するのは、まず十分かと思います。

電気代は、1日12時間つけて一段あたり1ヶ月あたり47円程度が目安で、コスパも手頃かと思います。

 

f:id:tomo-saien:20210321145341j:plainf:id:tomo-saien:20210321145347j:plain

 

育苗するにあたり、ポイントになるのが、光と植物の距離の確保の仕方です。

10㎝程度の距離がよい感じで、これ以上離れるとやや徒長気味になる印象。

引き出しにつかっている、ニトリの収納ボックス浅型は、この10㎝の距離をとるのにちょうどよい深さの上、色が白色なので光を反射しやすく、より効率が良い感じです。

苗が大きくなってくると、光との距離が近くなってしまうため、写真のように収納ボックスをレールからはずして、一段下の棚板におくなどすることで、高さの調整もできるようにしました。

意外にも高い生産性。春先の果菜苗や夏の苗づくりも簡単になった。

お金はかかったものの、苗づくりが室内でできることで、簡単になりました!実際に育苗を比べてみたのがこちら。

 

▼(導入前) 西日の自然光だけで管理すると、光量不足で徒長するのが当たり前。

f:id:tomo-saien:20210321145350j:plain

▼(導入後) これだけの立派な双葉が展開するようになりました!

f:id:tomo-saien:20210321145353j:plain

ナスやピーマン、トマトなどの果菜苗づくりが簡単に可能になった!

f:id:tomo-saien:20210321145331j:plain

室内で苗をつくれるようになったので、まず寒さの心配がなくなりました。

2~3月、ナスやピーマン、トマトなどの果菜類は 床暖房を使って発芽させた後、育苗棚で光を当てながら、苗づくりをします。

2か月以上、寒い時期の育苗期間が必要になりますが、室内なのでこれが簡単に可能になりました。

買えば1株100円~200円かかる夏野菜の苗がつくれるので、大きなコストダウン!

何より種からお気に入りの品種を選んでつくれるのは大きいです。

キャベツやブロッコリー、白菜など難しい夏の苗づくりも可能に!

f:id:tomo-saien:20210904221019j:plain

 

こちらは夏まきのキャベツやブロッコリー、手前で人参も育苗しています。

夏は高温乾燥、豪雨など気象変動が激しく、外や畑で発芽させるのが難しいです。

室内の育苗棚なら、乾燥もしにくく気温もマイルドなので、夏でも簡単にできます。

しかも、夏場でも水やりは1~2日に一度でも間に合います。

なんでもトレイに種をまいて畑に植えるスタイルで、野菜の栽培自体が簡単に。

LEDライト付き育苗棚、調子がよくて、かなり活用しています。

以来、なんでも育苗棚でトレイに種をまいて発芽させ、2週間程度大きくした後、畑に植える今の栽培スタイルが基本になりました!

これがもっとも失敗が少なく、野菜づくりがとても簡単になった印象です。

 

▼ トレイに種をまいて育苗し、畑に植えつけています。

苗づくりがお休みの間は、レタスやベビーリーフの栽培にもいけそう。

f:id:tomo-saien:20220124080746j:plain

 

苗づくりをするにあたって、改めて育苗棚のスペックを簡単に調べてみたところ、光も植物を育てるにあたり、必要量を確保できていることも確認できました。

 

実際、リーフレタスを栽培してみたところ、順調で栽培用にも十分使えそうです。

今後はこれをベースに、苗づくりが休みになる冬場などは、小さな植物工場として転用できるか考えてみようと思います。

 

▼ 育苗システムを使って野菜をテスト栽培してみました。

▼ トマト栽培にもチャレンジ!

大事なのはLEDライト選び!簡易的であれば一段3000円程度でもつくれる。

今回は使い勝手と苗の量産用に、育苗棚は三段シェルフで引き出し式にしました。

LEDライトは1本3000~5000円程度しますが、簡易的で良ければ、例えば100円ショップで、ブックスタンドを二本買ってきて足がわりにし、その上に今回ご紹介したLEDライトをのせるだけでもつくれます。

あとは下にA4ケースを用意して、種まきしたポットやプランターをおくだけで完成。

とにかく大事なのはLEDライト選び、植物生育に適した光の確保です!青と赤の光源が含まれた、観賞魚の水草用として使えるものがオススメです。

現行品のフラットLEDの基本タイプ。放熱性の高い薄型アルミ製。
光束380lmで、HL3042の光束550lmに劣るが、価格がお手頃。
コトブキ工芸 フラットLED SS3042 を探す

≫ 楽天市場

≫ Amazon

 

ライト代を安くするなら、HL3042より ランク下のSS3042 ▲ にするのも手です。SS3042はHL3042に比べ、やはり光が弱い分、生育の勢いがやや弱い印象を受けますが、こちらでも育苗は十分可能でした。

経験談としては、2000円程度で得体のしれない植物LEDライトを買って失敗するより、まずは3000円で観賞魚用の水草に向く、国内メーカーのLEDライトを購入することをオススメします!

 

・・・・・・・・・・

 

自画自賛になってしまいますが、LEDライト付き育苗棚、オススメです。

光はLEDライトで確保するため、日当たりを気にする必要は全くありません。

実際、ウチでは、カーテンは閉め切っている真っ暗な部屋で使っています。

室内なので年間を通じて安定した育苗環境も確保できます。水やり回数も減らせるし、虫に食われたり、台風の心配もないです。

トマト、ナス、ピーマンなど買うと高い果菜苗がつくれるし、白菜やキャベツなどの難しい夏の苗づくりが、室内で安定してできるので、必要な苗の本数を確保できるようになりました。

リーフレタスやベビーリーフもつくれるので、室内で野菜をつくってみようかな?という方にもご参考になれば幸いです。

注意点としては、土や水を使う環境なので、マンションなら換気口がついた部屋など、湿気がこもりにくく、換気できるコンディションだけ整えておいた方が良いと思います。