週1回3時間!共働きのズボラ週末家庭菜園

60㎡の畑を週1回3時間で管理。ラクしてガッチリ収穫を目指します!

*本サイトはアフィリエイト広告を含みます*

【1~2月収穫ホウレンソウ】 広がる肉厚なちぢみほうれんそう!冬霧7の栽培記録

 

ちぢみほうれんそうは、冬の寒さにあたってちぢみ、甘みがのるほうれんそうです。

普通の品種でも寒さに当てれば多少はちぢみますが、横に広がり、ボリュームのある形にはなりにくく、大きなちぢみほうれんそうをつくるには専用品種を使うのが一般的です。

今回は、ちぢみほうれんそうの品種「冬霧7」を栽培してみました。

 

10月17日 36穴トレーに種まき

f:id:tomo-saien:20210918054403j:plain

 

36穴トレーに1穴3粒程度おとして、種まきしました。

種まき後は水をあげて、室内の育苗棚で本葉が展開するまで2週間ほど育苗します。

 

▼ 室内のLEDライト付き育苗棚で苗をつくってます。

10月31日 畑に植え付け

 

種まきから約2週間。本葉が展開しはじめた位の大きさです。

ティースプーンを使って、土ごとすくって植えます。

15㎝間隔のマルチ穴に、トレーのひと穴分ずつ、写真のように植えていきます。

植え付け後、 多木有機液肥3号(🔗楽天市場)を加えた水をかけて、活着を促します。

f:id:tomo-saien:20211211001638j:plain

 

その後、風や日差しからまもり、根付きやすい環境をつくるため、トンネルをします。

寒くなってきているので、内側に不織布、外側に防虫ネットでトンネルしました。

12月5日 トンネルをはずし、不織布べたがけに変更。

 

植え付けから約1ヶ月過ぎ。バラツキがあるものの大きくなってきました。

普通のほうれんそうと違って、少しずつ横に広がりはじめています。

 

 

ちぢみほうれんそうなので寒さにあてながら、ゆっくりと育てていきたいところですが、今回まき時が遅かったので生育も遅れ気味。

上は不織布だけべたがけにしておいてみようと思います。

12月18日 葉が大きく広がってきた

 

だいぶ葉が大きく広がってきました。

本当は1穴あたり1株で大きく育てるもののようですが、多く収穫したかったので、1穴に2株植わったままになっています。

1月3日 収穫まであともう少し

1月15日 収穫開始

 

12月中旬~1月中旬は、野菜が本当に大きく成長しないですね。

2週間前からあまり大きくなっていませんが、そろそろ収穫してみようと思います。

 

 

今日は4穴分収穫してみました。

不織布をかけっぱなしだったので、それほど縮みは強く出ていません。

間引きせず、1穴に2~3株入ったままになっていたこともあり、広がりもおとなしいめです。やはり1穴1株に間引いて、しっかりと仕上げた方が良かったかも。

2月27日 黄色くなり始めてきたので畑から撤去

 

2月に入ると、日も長くなり、少しずつ暖かくなりはじめてくるので、また成長がはやくなってきます。

収穫はじめに比べて、だいぶちぢみが強く出てきました。

 

 

でも一方で、酸欠気味なのか?黄色くなりはじめてきていました。

今日で全部収穫して、栽培を終わりにしたいと思います。

渡辺採種場「冬霧7」

 

種をさがす

≫ 楽天市場 

≫ Amazon

栽培をふりかえって

横に広がるちぢみほうれんそうは、専用品種を使う必要があります。

冬霧7はその品種のひとつで、ベト病という病気にも強くつくりやすい品種です。

葉肉も厚く、ボリューミーな青果を収穫できました。

味は濃く、昔の懐かしいほうれんそうの味が楽しむことができます。

栽培データ

種まき:10/17 → 収穫:1/15~

株間15㎝✕列間15㎝ 1穴2株程度20穴

*栽培期間中は、内側不織布+外側防虫ネット→12月から不織布ベタがけ

*元肥 醗酵豚ぷんを5㎡あたり1㎏入れて混和

*週1回 多木有機液肥3号(🔗楽天市場)を株元に散布

*消毒なし