週1回3時間!共働きのズボラ週末家庭菜園

60㎡の畑を週1回3時間で管理。ラクしてガッチリ収穫を目指します!

お部屋で家庭菜園② 野菜のトレイ栽培をテスト。36穴トレイで野菜を5種類つくってみた。

今回は、部屋の中での野菜栽培について考えてみたいと思います。

 

▼ 市販品を組み合わせるだけで超簡単!LEDライト付き育苗棚

 

きっかけは、野菜苗づくりのために部屋の中につくった、自作の育苗システムが意外と使えたので、これで野菜をつくれないかと思ったことです。

植物を育てられる光量は確保できていることがわかった ので、今度は野菜の栽培をどこまでコンパクトに、簡略化して育てられるかを考えてみたいと思います。

 

普段、苗づくりで使っている36穴トレイで、テストしてみました。

 

f:id:tomo-saien:20220128044039j:plain

 

36穴トレイで5種類の野菜を栽培してみる。

 

栽培する野菜

わさび菜、ミニチンゲンサイ、水菜、春菊、ラディッシュ

 

栽培環境

部屋の中でLEDライト付き育苗棚を使って栽培。

窓はカーテンで遮光、光はLEDライトのみ。

36穴トレイを切って、8穴1ユニットで野菜を栽培する。

 

栽培期間

11/23種まき→ 1/15~22収穫(約2ヶ月)

 

栽培方法

① トレイに土を詰めて、種を3粒程度まく。

② 大きくなってきたら、抜くか根元でカットして、1穴1本に間引く。

③ 表面がやや乾いてきたら水を与える。2~3日に一度のペース。

  住化ばらの液体肥料を希釈400倍で週1回

  ハイポネックスリキダス を希釈100倍で2週間1回、それぞれ与える。

④ 週1回、カニスプーンを使って土をほぐし、酸素が入りやすくする。

 

▼ 土がかたくなりやすいため、週1回、トレイの縁の土をほぐします。

f:id:tomo-saien:20220129092335j:plain

きっかけは水耕栽培に挫折し、土耕栽培にシフトする。

当初、室内だったら水耕栽培だろうということで、水耕栽培でレタス栽培を開始。

ところが、意外と水の補充が頻繁であまりほったらかせない上、できたレタスが苦くて食べられないということが頻発。

苦みの原因は、多分窒素過多、肥料が多すぎるのだと思います。

ただ、液肥は規定倍率でうすめていたし、手加減ひとつで味に影響しやすいのでは、ちょっと難しいと思い、やめてしまいました。

 

土栽培でも、以前、高度化成肥料を使った際、同じく野菜が苦くなる経験をしましたが、この点は、穏やかに効く有機系の肥料を主体に切り替えることで、解決できました。

微生物のいない水耕栽培では、有機系含めていろんな肥料が選べないのもネック。

一部の水耕栽培に適した化学肥料に頼らざるをえません。

 

そこで今回、室内で扱いやすい形を考えながら、土耕で栽培をはじめました。

畑での経験もあるので、やっぱりこっちの方が簡単です。

土の中でバランスがとれれば、簡単に無農薬有機栽培も可能になるのかも。

36穴トレイで5種類の野菜をつくってみた結果。

今回、各野菜を長さ15㎝程度を目安に収穫してみました。

大きさの比較で写っているのは、ティースプーンです。

わさび菜(中原採種場)

f:id:tomo-saien:20220128044034j:plain

f:id:tomo-saien:20220128044041j:plain

 

もっとも生育がはやく、株張りもよくなりました。つくりやすかったです。

ただ、サラダで食べるなら、もう少し早めに摘んだ方が良かったです。

ミニチンゲンサイ・シャオパオ(サカタのタネ)

f:id:tomo-saien:20220128044023j:plain

f:id:tomo-saien:20220128044027j:plain

 

葉は肉厚に仕上がったものの、トンゲンサイらしい株の張りは今ひとつ。

葉が横に広がるため、育ちの悪い株も出て、生育ムラが起きてしまいました。

根も土の中でも詰まってきて、水が乾きやすくなってきたため、収穫しました。

株を張らせて大きくするなら、ポット植えなど株間を広げた方が良さそう。

サラダ京水菜(トーホク)

f:id:tomo-saien:20220128044030j:plain

f:id:tomo-saien:20220128044032j:plain

 

生育に時間がかかった割には、株太りが今ひとつでした。

やや横に広がるので、バラツキが出やすかったのと、葉が絡んで収穫がやや面倒。

サラダ用春菊(トーホク)

f:id:tomo-saien:20220128044044j:plain

f:id:tomo-saien:20220128044058j:plain

 

横に広がりますが、生育ムラはあまりなく、肉厚でおいしい春菊になりました。

ただ、スーパーでみかけるような大きな春菊にするには、土の量が足りません。

サラダなど生食で食べる程度、上のサイズがトレイ栽培では限界な印象でした。

ころころラディッシュ(タキイ種苗)

f:id:tomo-saien:20220128044049j:plain

f:id:tomo-saien:20220128044051j:plain

f:id:tomo-saien:20220128044053j:plain

 

今回栽培した野菜の中で、もっとも葉がよく伸びました。

生育ムラが出てしまったのと、ころころラディッシュ自体がミックスの種なので、

色によってもやや生育差が出ました。

また根菜は収穫時に土がつきやすいため、室内栽培にはやや不向きな印象です。

調理用途もピクルスぐらいしか思いつかないので、ボツかなあ?

ポット栽培の方が大きく育てられて管理もしやすい。

f:id:tomo-saien:20220128044046j:plain

 

レタスは量産体制にもっていきたいと思い、こちらは10.5㎝ポットで栽培。

品種は、リーフレタスグリーン(サカタのタネ)です。

写真のボックスには、6株入っています。株間は15㎝程度離してあります。

こちらは生育にあわせて、株間を広げられるので、ムラなく大きくなりました。

また、土の量も多いので、水やりの回数も週2回程度に軽減、断然ラクです。

 

f:id:tomo-saien:20220128044100j:plain

 

冬でも部屋の中なので、種まきから60日程度で、株がよく太りました。

2株で大人2~3人は十分食べられる量のレタスを収穫することができました。

無農薬栽培で、エグミもなく味も濃く仕上がりました。

36穴トレイでも野菜はつくれるが、少量の野菜やベビーリーフ向けか。

今回、36穴トレイを切って、8穴で1品種ずつ栽培しました。

各野菜ともに長さ15㎝を目安に、料理一品分に使える量が収穫できました。

今回の栽培結果では、わさび菜とサラダ春菊がつくりやすそうでした。

 

トレイ栽培でのポイントはこんな感じです。

  • 1穴1本になるように必ず間引く。
  • 横に広がりやすい野菜は、生育ムラが出やすいので不向き。
  • 野菜が大きくなると、土が乾燥しやすくなるので、水切れ注意。
  • 収穫時は、株元近くハサミを入れ、土がつかないように収穫する。

ベビーリーフフは十分栽培できそうな印象ですが、トレイ栽培だと密植になります。

芯を気にしながら、脇の葉だけ摘み取るという従来の収穫方法は、正直かなり面倒くさく、現実的でありません。

また、土の量=根域も限られるため、長期間の収穫が不向きでもあります。

そこで、一回収穫を基本とし、どんどん種をまいていくのも手だと思いました。

トレイ栽培は、わさび菜やサラダ春菊、ルッコラなど、サラダのアクセントで少し

使うものを栽培するのに向いている印象を受けました。少量向け。

 

レタスなどしっかり大きく収穫したいのなら、土の量も多く、株間も調整ができる

ポットでの栽培がオススメです!9~10.5㎝サイズあたりが良さそうです。

野菜は地際で収穫し、土は土のう袋にまとめて再利用する。

野菜は地際でハサミで切って収穫し、トレイの土は土のう袋にまとめます。

ある程度(1ヶ月以上~)たまったら、ガラや根は取り除いて燃えるゴミで処分、

残った土を、特に手を加えずそのまま再利用します。

ただし、年1回を目安に、リサイクル材か、土の量に対し5%のくん炭を加えて、

土の活性化をはかるようにしています。

今後は「菌の黒汁」で、光合成細菌の定期的な補充も組み入れてみようと思います。

 

有機質の補充と微生物の活性化をおこなうことが、土中のバランスをとるのに効果的

ようで、連作障害の多くを防ぐ効果も期待できるようです。まさに土づくり。

数年検証しないとわかりませんが、持続的な手法として取り組みたいと思います。