週1回3時間!共働きのズボラ週末家庭菜園

60㎡の畑を週1回3時間で管理。ラクしてガッチリ収穫を目指します!

【ブロッコリーの大量消費・長期保存方法】美味しくて調理も簡単!30秒ゆでて冷凍するのがベスト。

今回は、ブロッコリーの冷凍保存について。

ブロッコリーは、11月から収穫時期に入り、脇芽を含めれば3月まで収穫できます。

調理も、パスタにシチュー、中華炒め、お弁当の具など大活躍です。

秋冬の定番でつくっています。

 

ただ、畑で沢山とれるのですが、全てを冷蔵保存し続けるのは難しい・・・。

そこで、美味しい冷凍ブロッコリーを作りたいと調べていろいろ試しました。

出した結論は、「塩を入れた熱湯で30秒でゆでて、水気ふきとり、自然冷却し、

→ ジップロックで平らにして冷凍保存」です。

冷蔵保存:目安は1週間

アイラップに入れて口をしばり、そのまま保存。

冷凍保存:目安は1~2ヶ月

f:id:tomo-saien:20211121060848j:plain

 

調理方法

① ブロッコリーを一口大に切り分ける。

 一口大に切る際、包丁でつぼみまで刃を入れてしまうと、粒粒で汚くなるので、軸の部分のみ刃を入れた後、手で割くときれいにできます。

② ボウルに水をはっておき、一度水洗いする。

 特に家庭菜園の場合、房の裏にはアオムシが隠れていたりします!

 水につけて洗うことで、浮いて出てくるのでこの作業は必ずオススメします。

③ 水1Lに対し塩大さじ1の熱湯で、軽く混ぜながら30秒を目安でゆでる。

 少し硬め程度にすることで、食感を残すことができます。ゆですぎ注意!

④ ザルにあげて、キッチンペーパーなどで軽く包みながら、水気をとる。

 大量の場合、キッチンペーパーでは足らないので、私はタオルを使っています。

 

f:id:tomo-saien:20211121060845j:plain

 

⑤ バットに広げて冷ます。冬はベランダなど外に出すと時短ですぐ冷めます!

⑥ 重ならないように、ジップロックなどの袋に、空気を抜きながら閉じる。

 

解凍調理方法

冷凍ブロッコリー100Gに対し酒大さじ1をふりかけ、フタをして中火で2分程度蒸す。

それから、炒め物などそのまま料理にシフトします。

煮込み料理であれば、そのまま入れてもOK。

 

・・・・・・・・・・

 

ブロッコリーは、もともと花のつぼみの塊なので早めに食べるのがベスト。

冷蔵でもせいぜい1週間程度かと思います。

そのような中、1~2ヶ月の長期保存なら「30秒ゆでて冷凍」がベストだと思います。

 

ネット上のいろんなまとめ記事にダマされ、試して完成した、ブロッコリーのベストな保存方法です。

はじめは、生のままの冷凍を試しましたが、マズくて使い物になりません。

解凍調理すると臭みは出てしまうし、歯切れが悪く、中はスカスカ・・・。

お湯でゆでる代わりに、電子レンジを使う方法も、ムラや加減が難しくてダメ。

結果、このつくり方に至りました。

ポイントは30秒という短めのゆで時間。硬めに仕上げることです。

 

冷凍ブロッコリー、使い始めるとこれがかなり便利。

今では収穫して数日で使う予定がなさそうなら、冷凍してストックを増やします。

特に朝のお弁当のおかずづくりには、蒸してからウインナーを加えて炒めるだけで一品できてしまうので、本当に重宝します!

オススメです!