週1回3時間!共働きのズボラ週末家庭菜園

60㎡の畑を週1回3時間で管理。ラクしてガッチリ収穫を目指します!

*本サイトはアフィリエイト広告を含みます*

年二回春秋まける!緑嶺(りょくれい)ブロッコリーの春まき栽培記録

f:id:tomo-saien:20200530173749j:plain

 

今回は、昨年秋に栽培した緑嶺ブロッコリーの春まき栽培に挑戦。

ブロッコリーというと、夏にまいて秋冬に収穫する印象があるのですが、種袋のうしろにある「作型表」を見てみると、春にもまくことができるようです。

秋にあまった種をもう一回使えるのであれば、有効活用できるので、早速やってみることにしました。

 

2月11日 36穴トレーに種まき

f:id:tomo-saien:20210918054403j:plain

 

36穴トレーに1穴2~3粒ずつ種まき。

今の時期は、温度が必要になってくるので、窓際の室内でこのようなA4トレイにふたをしておいておきます。

発芽したら、すぐふたはとります。

2月22日 育苗のため畑に仮植え付け

f:id:tomo-saien:20200530173654j:plain

 

発芽しましたが、ヒョロいです。

苗をつくるため、畑のトンネルの中に植え付けてしまいました。

水やりなどの管理を省力化して、放置してつくるのが目的です。

 

f:id:tomo-saien:20200530173657j:plain

 

ティースプーンで土ごとすくって、マルチの穴の中においていく感じ。

プロから見られたら、ふざけた徒長しまくりの発芽苗、寒さに耐えられるのか?

バラの液体肥料(🔗楽天市場)を水でうすめてジョーロであげます。

 

f:id:tomo-saien:20200531162615j:plain

 

外は穴あきビニール、内側には不織布をかけた、トンネルにしてあります。

2月29日

f:id:tomo-saien:20200530173700j:plain

 

無事生き残り、根付いた様子です。引き続き、液肥をあげて様子見です。

3月15日 苗の植え付け

f:id:tomo-saien:20200530173702j:plain

 

本葉が2枚程度出てきたので、いよいよ本当の植え付けです。

ティースプーンでくりぬいて、土ごと植えます。

 

f:id:tomo-saien:20200530173706j:plain

 

我が家の畑では、1畝(生産ライン)100㎝幅を標準につくっています。

株間は40㎝で植え付けます。植え付け時、株元にオルトラン粒剤を混和。

 

f:id:tomo-saien:20200530173711j:plain

 

植え付け後は、不織布を二つ折りにして、ベタかけしました。

3月28日

f:id:tomo-saien:20200530173717j:plain

 

2週間ぶりの畑。先週の大風で被害が一部ありましたが、

不織布ベタがけはしっかりととまっていたためはがれもなく、

苗も傷つくことなく順調に大きくなっていました。

明日は、季節外れの雪の予報が出ているので、引き続きかけたままにします。

4月4日 不織布をはがす

不織布をはがしました。

4月18日

消毒しました。殺虫剤はトレボン乳剤、殺菌剤はダコニール1000。

4月25日

f:id:tomo-saien:20200530173720j:plain

5月2日

f:id:tomo-saien:20200530173726j:plain

 

消毒しました。殺虫剤はトレボン乳剤、殺菌剤はダコニール1000。

5月16日 花蕾が見え始めてきた。

f:id:tomo-saien:20200530173733j:plain

 

花蕾が見え始めてきました。

近くに植わっていたキャベツにアオムシ発生・・・。

消毒しました。殺虫剤はアファーム乳剤。

5月23日

f:id:tomo-saien:20200530173736j:plain

 

f:id:tomo-saien:20200530173740j:plain

 

にぎりこぶしよりやや小さめの花蕾になってきています。

来週あたり収穫になりそうです。

5月30日 ついに収穫!

f:id:tomo-saien:20200530173743j:plain

 

いよいよ収穫です!

 

f:id:tomo-saien:20200530173749j:plain

 

一株300g程度のボリュームのあるブロッコリーがとれました。

 

f:id:tomo-saien:20200530173746j:plain

 

だけど、秋のこんもりとしたカッコイイ形ではなく、ちょっと平べったい・・・。

春はこんな感じになってしまうのですね。

6月6日 残っていた株も収穫して終わり

f:id:tomo-saien:20200607053446j:plain

 

先週小さかったものを収穫しました。

いよいよ形も乱れ始め、ベト病?のような黒くなっている症状も見られはじめます。

先週あたりまでが収穫にあっていそう。

側花蕾もとれる品種ですが、この先は無理っぽい。

収穫した株はサッサと抜いて、片付けることにします。

サカタのタネ「緑嶺」(りょくれい)

種をさがす
≫ Amazon
栽培をふりかえって

春まきの他、定番の夏まき秋冬収穫にも使える、年2回まけるブロッコリーです。

秋冬のこんもりとした形ではなく、春はちょっと平べったい感じです。

蕾もつまっておらず、バラけてしまいました。やっぱり花になるのが早いからでしょうか?

秋冬栽培では、脇から出てくる脇芽(側花蕾)の収穫も楽しめるのですが、春まきでは、収穫時期が暑くなってくる作型なので、樹を維持するのが難しいですね。

また、6月半ばを過ぎると、梅雨の時期がやってくるので、病気が出始める前にサッサと収穫することを意識しました。

 

▼ 長く収穫が楽しめる!定番の秋冬収穫の栽培記録はコチラ。

栽培データ

種まき:2/11 → 収穫:5/30

株間40㎝ 1列6株

*週1回 バラの液体肥料(🔗楽天市場)を株元に散布